TOP > 会社案内

会社案内

常に意識するのは、次なる時代。
常に次代を見つめる鋭さとしなやかさを、栗山アルミは忘れません。

自由で自在な発想。

フレキシブルな発想が、栗山アルミを支えています。

アルミニウムが誕生したのは、1886年。アメリカのチャールス・ホール、フランスのポール・エルーによって、酸化アルミニウムの電気分解法が発明され、本格的なアルミニウムの工業生産が始まりでした。以来、およそ120年。
美しさと軽さ。細やかにカタチを変える、優れた加工性。熱や電気の伝導性や耐食性、非磁性など、アルミニウム独自の特性が、さまざまな分野で広く活用されてきました。現在では地球環境問題にも対応する資源として、そのリサイクル性が大きく注目されています。栗山アルミは、アルミサッシ・アルミ押出型材などの製造開発を目的とし、昭和32年に創業開始。“量より質”を重んじる企業理念、時代に即応する自由な発想で、住宅用建材、情報機器用材をはじめ、電気通信用材、自動車、航空機のコンテナ枠材、さらに暮らしに身近な家庭用品に至るまで、さまざまな時代に対応する製品を50年間にわたり、お届けし続けてきました。 今後も、自在に変化するアルミニウムという素材を通して、お客様のますます多様化するニーズに柔軟に応えていきたいと考えています。

代表取締役社長 栗山茂朗


▲ページトップへ